スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな大投手監督で甲子園へ

1971年(昭和46年)夏の甲子園に東北代表として出場した磐城(福島)。
強豪を次々となぎ倒し、決勝で惜しくも桐蔭学園に敗れたが、その主戦投手と
して力投し「小さな大投手」と呼ばれた田村隆寿氏が1979年(昭和54年)夏、
安積商の監督として甲子園に帰ってきた。福島県大会決勝で安積商は
福島商と対戦。初回のピンチを脱したその裏、無死満塁のチャンスをつかみ、
安打、相手エラーで一挙5点。そのあとも着々と追加点を奪い10−1で
快勝、甲子園初出場を決めた。
福島商
000 000 001 =1
502 002 01X =10
安積商
【福】安達、古溝、八鍬―青田
【安】根本学―坂本
[三]羽下、坂路(安)  
[二]辺見、坂路、根本浩(安)
田村監督は日大を経て郡山市のヨークベニマルに就職。社会人野球選手として
活動するかたわらで安積商の野球部を指導してきた。のびのびとプレーさせる
指導方針が功を奏し、これまでなかなか勝ちきれなかったチームを強豪へ
育てた。時を同じくしてヨークベニマルも後楽園の都市対抗野球に東北代表と
して出場を決めた。だが、田村監督は監督として甲子園に賭けることを選び
野球部を休部することにしたのだった。「ようやく夢がかなった」と田村監督。
安積商は甲子園では初戦で惜しくも明石南に敗れたが、3年後にも同校を
率いて甲子園に出場。その後母校の磐城を率いても甲子園に出場を果たす。
その後(現在甲子園常連となった)聖光学院の監督では甲子園出場を果たす
ことはなかった。
スポンサーサイト

同じユニホーム対決

1977年(昭和52年)の秋の関東大会2日目、1回戦で
東海大相模VS東海大甲府の東海大系列校同士の対決が行われた。
おなじみの縦じまのユニホームから(色は少し違うようだ)応援団のエール交換
までそっくりでかなりややこしかったようだ。
試合は中盤まで互角だったが、後半になって甲府の守備の乱れ、また打力の差
もあり結果は東海大相模が6−0で勝利。東海大相模が兄貴分の貫禄を
見せつけた。
この試合で関東大会1号となるホームランを右翼へかっ飛ばしたのが相模の
四番山下真吾選手。この年の夏の甲子園にも出場した選手で、あの柔道選手・
山下泰裕四段(東海大)(のちのロス五輪金メダリスト)の実弟にあたる。
粗削りながらも兄と同じく怪力の持ち主で、山下の打球はミートしただけで
スタンドインしたもの。このパワーに観客もしばしボーゼン。
・・東海大相模は次の準々決勝で翌選抜で完全試合を達成した松本投手がいる
前橋に5安打、わずか2得点に抑えられ2−6で敗戦。翌春の選抜出場は
ならなかった。

異色の監督と部長で初陣優勝

東大は東京六大学野球のリーグ戦では万年最下位というイメージがあるが、
かつて東京六大学野球リーグ戦で東大は最後まで優勝争いを演じ惜しくも
優勝を逃し2位になったこともある。1946年(昭和21年)春の
リーグ戦だ。この時エース・4番の花形選手として活躍、チームの躍進に貢献
したのが山崎諭選手だ。山崎氏は大学卒業後、日本興業銀行に入社。
のち部長職に上り詰めるなどエリート人生だったが、それに別れを告げた
のが50歳の時。「人生75年。第二の人生は好きな道で」と、あこがれの
高校野球の監督へと大転身を遂げた。東海大三の校長へ転身、同時に野球部
の監督にも就任した。同校は1963年(昭和38年)、開校と同時に野球部
もできたが、これといった成績を残すことはできなかった。だが、1973年
(昭和48年)に校長を兼ねる山崎氏の野球部就任でチームはめきめきと
力をつけていった。そして1979年(昭和54年)秋の北信越大会では初陣
ながら糸魚川商工、星稜、金沢といった甲子園出場経験校を次々となぎ倒して
優勝し、見事来春の選抜切符を手に入れたのだった。
山崎監督就任当初は自らノックバットを振っていたが、校長職が多忙のため、
実質的な采配者を新たに招くことにした。そこで選ばれたのが、冷暖房設備
会社に勤めていた太田茂氏(部長として)だ。太田氏は長距離走トラックの
運転手やデパート店員などの経歴の持ち主だ。
異色の経歴を持つ監督と部長にチームは率いられ、選抜甲子園での活躍を
誓った。

野球部一年生物語―日野高校

東京都立日野高校の野球部が誕生、東京都高野連に164番目のチームとして
登録されたのは1970年(昭和45年)5月のこと。「すべてはこれから
です」と顧問先生は控え目に話すが、主将以下17人の選手たちの合言葉
は「甲子園」。早くも大きな目標を掲げた。

日野高校野球部が誕生するまでの道のりは平坦ではなく、その紆余曲折は朝日
新聞でも紹介されている(70年7月2日スポーツ欄)。
日野高校は野球部が誕生する4年前の66年に、郊外人口の増加にともない
日野市に新設された高校で、開校と同時にスポーツのクラブ活動も早速創部
に向け動き出した。こういった流れのなか野球部を作ろうとなるのはごく
自然なことだが、創部は許されなかった。まずは経済的な理由だ。
野球はとにかく金がかかる。ボールにバット、グローブ・・おまけにバック
ネット等の危険防止のための設備も必要となってくる。
また学校のグランドにも限りがあるため、野球部の練習で独占されては他の
クラブ活動ができないという意見もあったという。
野球愛好の生徒たちは野球部創部にあたり壁にぶつかったが、彼らの意気込み
は半端ではなかった。創部にこぎつけることなく卒業した生徒から
「君たちの時代には必ずつくってくれ」と意思を受け継いだ後輩たちが、
粘り強く学校側と交渉。練習計画書も提出するなどし、6回目の談判で
ついに「同好会なら良い」の許可を得ることができた。野球部誕生の前年
11月のことだ。
ところで学校側を説得させた練習計画書の内容はどのようなものだったか。
・練習に校庭は使わない
・費用はすべて選手個人が負担
など。野球部の活動にはかなり厳しいものだ。しかし選手らはその計画を
きっちり守った。試合や練習は市営球場や相手校のグランドを使い、また
経費をあてるために彼らは冬休みと春休みを使ってアルバイトに励んだ。
ガソリンスタンド、市場、郵便配達・・それぞれが得た金を持ち寄り
ヘルメット、捕手用具、グローブ、ミット、バット、ボールを購入。
そんな彼らの努力が学校に認められ同好会は部に昇格。晴れて野球部が
誕生。対外試合はもちろん、甲子園への道も開かれることになった。
選手たちの気持ちの中にあるのは、自分達が野球部をつくったという達成感
と学校に対する感謝。同時に甲子園に出ようという使命感も出てきた。

西東京大会の多摩大聖ヶ丘─日野戦
「こんなとこで一本打っちゃうなんて。甲子園にこの夏行っちゃうなんて」
日野高校の応援席ではRCサクセションのヒット曲、雨あがりの夜空に
をアレンジした応援歌を熱唱した。
「RC」のボーカルで5月に亡くなった忌野清志郎氏は日野高校のOBだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。