スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年秋季大会記事一覧

2013年選抜の参考資料になった2012年の秋季大会
記事一覧です。
□有力選手 北海道・東北・関東・東京 北信越・東海・近畿 中国・四国・九州
□21世紀枠推薦校一覧
第43回明治神宮大会 仙台育英が初優勝!
□2012秋の地区大会出場校 選抜出場校内訳
■北海道 北照が2年連続5回目の優勝 神宮2年連続4回目
各支部予選決勝
▽札幌支部 札幌光星(2年ぶり9回目) 札幌開成(27年ぶり4回目)
札幌日大(7年ぶり8回目) 北海(7年連続38回目)
▽室蘭支部 駒大苫小牧(3年ぶり12回目) 北海道栄(3年連続15回目)
▽函館支部 函館大柏稜(7年ぶり3回目) 函館大谷(初)
▽小樽支部 北照(12年連続34回目)
▽空知支部 滝川西(4年連続17回目)
▽旭川支部 富良野(2年連続7回目) 旭川龍谷(8年ぶり14回目)
▽名寄支部 稚内大谷(2年ぶり24回目)
▽北見支部 遠軽(2年ぶり12回目) 北見北斗(3年ぶり15回目)
▽十勝支部 白樺学園(8年連続11回目) 帯広緑陽(初)
▽釧根支部 釧路北陽(2年ぶり5回目) 中標津(6年ぶり6回目)
■東北 仙台育英が6年ぶり7回目の優勝 6年ぶり4回目
▽青森 ベスト8~ [1]青森山田(5年連続17回目) [2]青森北(18年ぶり9回目)
[3]光星学院(5年連続16回目)
▽岩手 ベスト8~ [1]盛岡大付(3年ぶり14回目) [2]水沢(14年ぶり3回目)
[3]一関一(9年ぶり5回目)
▽秋田 ベスト8~ [1]能代(4年ぶり7回目) [2]西目(初) [3]大館工(初)
▽山形 ベスト8~ [1]酒田南(3年連続10回目) [2]山形中央(2年ぶり9回目)
[3]米沢中央(7年ぶり3回目)
▽宮城 ベスト8~ [1]仙台育英(2年ぶり26回目) [2]東北(2年ぶり41回目)
[3]石巻商(3年ぶり2回目)
▽福島 ベスト8~ [1]聖光学院(7年連続13回目) [2]白河(19年ぶり3回目)
[3]光南(6年ぶり6回目)
■関東 浦和学院が3年連続4回目の優勝 3年連続3回目
▽茨城 ベスト8~ [1]常総学院(2年連続11回目) [2]霞ヶ浦(2年ぶり4回目)
▽栃木 ベスト8~ [1]佐野日大(2年ぶり9回目) [2]宇都宮商(34年ぶり6回目)
▽群馬 ベスト8~ [1]前橋育英(2年ぶり6回目) [2]健大高崎(2年連続3回目)
[3]桐生第一(6年ぶり10回目)
▽埼玉 ベスト8~ [1]花咲徳栄(2年連続8回目) [2]浦和学院(4年連続14回目)
▽千葉 ベスト8~ [1]習志野(4年ぶり11回目) [2]銚子商(15年ぶり16回目)
▽神奈川 ベスト8~ [1]東海大相模(4年連続18回目) [2]横浜隼人(初出場)
▽山梨 ベスト8~ [1]日川(27年ぶり8回目) [2]東海大甲府(2年連続14回目)
■東京 安田学園が初優勝 神宮初出場
各ブロック予選決勝
▽第1 東京成徳大高、修徳 ▽第2 狛江、日野 ▽第3 城東、東海大高輪台
▽第4 日体荏原、法政大高 ▽第5 創価、日出 ▽第6 小山台、紅葉川
▽第7 桜美林、武蔵村山 ▽第8 成立学園、早稲田実 ▽第9 小平南、立教池袋
▽第10 岩倉、東亜学園 ▽第11 国学院久我山、朋優学院
▽第12 早大学院、大森学園 ▽第13 安田学園、富士森
▽第14 聖パウロ学園、八王子 ▽第15 上野学園、明大中野八王子
▽第16 桜町、片倉 ▽第17 総合工科、八王子実践 ▽第18 桜修館、東海大菅生
▽第19 佼成学園、日大鶴ヶ丘 ▽第20 町田、帝京 ▽第21 昭和、国士舘
▽第22 日大三、日大豊山 ▽第23 高島、昭和第一学園 ▽第24 関東一、篠崎
■北信越 春江工が初優勝 神宮初出場
▽新潟 ベスト8~ [1]日本文理(2年ぶり16回目) [2]新潟県央工(2年連続3回目)
[3]五泉(12年ぶり3回目) [4]新潟明訓(2年連続12回目)
▽長野 ベスト8~ [1]佐久長聖(2年ぶり11回目) [2]上田西(2年連続6回目)
[3]松商学園(3年連続31回目)
▽富山 ベスト8~ [1]富山第一(2年ぶり8回目) [2]高岡商(3年ぶり22回目)
[3]新湊(2年ぶり9回目)
▽石川 ベスト8~ [1]星稜(3年ぶり27回目) [2]金沢学院東(2年連続3回目)
[3]遊学館(2年ぶり9回目)
▽福井 ベスト8~ [1]敦賀気比(10年連続14回目) [2]春江工(初出場)
[3]福井商(2年ぶり28回目)
■東海 県岐阜商が51年ぶり4回目の優勝 神宮初出場
▽静岡 ベスト8~ [1]静岡(3年連続18回目) [2]常葉菊川(5年ぶり8回目)
[3]飛龍(18年ぶり4回目)
▽愛知 ベスト8~ [1]東邦(2年連続32回目) [2]豊川(3年ぶり6回目)
[3]愛知啓成(7年ぶり2回目)
▽岐阜 ベスト8~ [1]県岐阜商(2年連続32回目) [2]市岐阜商(2年連続7回目)
[3]大垣日大(2年ぶり9回目)
▽三重 ベスト8~ [1]菰野(3年連続6回目) [2]いなべ総合(2年連続3回目)
[3]津商(45年ぶり2回目)
■近畿 京都翔英が初優勝 神宮初出場
▽滋賀 ベスト8~ [1]光泉(初出場) [2]滋賀学園(初出場)
▽京都 ベスト8~ [1]京都翔英(初出場) [2]福知山成美(3年ぶり7回目)
[3]龍谷大平安(5年ぶり26回目)
▽大阪 ベスト8~ [1]履正社(3年連続6回目) [2]大阪桐蔭(5年連続10回目)
[3]大商大堺(26年ぶり2回目)
▽兵庫 ベスト8~ [1]報徳学園(3年連続25回目)
[2]神戸国際大付(2年ぶり6回目) [3]関西学院(2年連続3回目)
▽奈良 ベスト8~ [1]天理(9年連続34回目) [2]大和広陵(28年ぶり3回目)
▽和歌山 ベスト8~ [1]智弁和歌山(2年ぶり19回目)
[2]市和歌山(8年ぶり9回目) [3]高野山(23年ぶり3回目)
■中国 関西が2年ぶり6回目の優勝 神宮2年ぶり5回目
▽岡山 ベスト8~ [1]関西(2年ぶり21回目) [2]玉島商(44年ぶり3回目)
[3]倉敷商(2年連続11回目)
▽広島 ベスト8~ [1]崇徳(3年ぶり10回目) [2]如水館(2年連続7回目)
[3]広陵(3年ぶり29回目)
▽鳥取 ベスト8~ [1]米子北(27年ぶり2回目) [2]米子松蔭(5年ぶり10回目)
[3]鳥取城北(2年連続14回目)
▽島根 ベスト8~ [1]益田翔陽(初出場) [2]浜田(2年連続22回目)
[3]島根中央(初出場)
▽山口 ベスト8~ [1]岩国商(33年ぶり2回目) [2]早鞆(2年連続6回目)
[3]岩国(2年ぶり18回目) [4]宇部工(15年ぶり5回目)
■四国 高知が6年ぶり6回目の優勝 神宮6年ぶり3回目
▽香川 ベスト8~ [1]英明(初出場) [2]高松商(2年連続32回目)
[3]丸亀(4年ぶり8回目)
▽徳島 ベスト8~ [1]鳴門(2年連続19回目) [2]徳島商(2年ぶり29回目)
[3]池田(4年ぶり16回目)
▽愛媛 ベスト8~ [1]済美(3年ぶり7回目) [2]今治工(初出場)
[3]松山聖陵(19年ぶり2回目)
▽高知 ベスト8~ [1]高知(8年連続30回目) [2]高知商(2年連続39回目)
[3]土佐(2年ぶり15回目)
■九州 沖縄尚学が初優勝 神宮初出場
▽福岡 ベスト8~ [1]久留米商(2年ぶり9回目) [2]門司学園(61年ぶり2回目)
▽佐賀 ベスト8~ [1]神埼清明(初出場) [2]佐賀北(9年ぶり12回目)
▽長崎 ベスト8~ [1]長崎日大(2年連続10回目) [2]諫早(17年ぶり6回目)
[3]創成館(3年連続4回目) [3]佐世保実(3年ぶり9回目)
▽熊本 ベスト8~ [1]熊本工(4年ぶり24回目) [2]済々黌(10年ぶり10回目)
▽大分 ベスト8~ [1]楊志館(10年ぶり2回目) [2]明豊(3年ぶり11回目)
▽宮崎 ベスト8~ [1]日章学園(4年ぶり6回目) [2]宮崎日大(3年ぶり11回目)
▽鹿児島 ベスト8~ [1]鹿児島情報(13年ぶり2回目) [2]尚志館(初出場)
▽沖縄 ベスト8~ [1]宜野座(10年ぶり4回目) [2]沖縄尚学(2年ぶり9回目)
 
スポンサーサイト

ジュニアトーナメント2012

甲子園の奪三振王は12球団ジュニアトーナメントから生まれた
第8回目を迎えた12球団ジュニアトーナメントが、26日から
札幌ドームで開催される。継続は力なり。来秋のドラフトの目玉
は、この大会出身者だ。
ことしの夏の甲子園で1試合22奪三振の新記録を樹立。伝家
の宝刀スライダーを武器に全国区の知名度を獲得し、今から
ドラフト1位候補といわれる桐光学園(神奈川)の左腕・松井裕樹
投手だ。来春のセンバツ出場は逃したが、夏は再び奪三振ショー
がみられるかに期待がかかる。
松井は横浜(現DeNA)ベイスターズジュニア出身。横浜球場
が本拠地のDeNAは、早々と中畑清監督(58)がドラフト1位
での獲得を宣言している。
OB会会長の平松政次氏も、「何が何でも獲得しないといけない」
とエール。現役時代にはV9の巨人、あのONを苦しめた伝説の
カミソリシュートで知られる元エースが、松井の実力にお墨付きを
与えているのだ。
同大会は日本野球機構(NPB)と12球団が主催。小学5、6年生
が中心で、野球の底辺拡大や将来のプロ育成を目的としている。昨年
のドラフトでDeNA・高城俊人捕手(九州国際大付高=ドラフト2位)
、日本ハム・近藤健介捕手(横浜高=同4位)、オリックス・柿原翔樹
内野手(鎮西高=育成2位)という3人のプロ選手が誕生した。
後略
(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

2012.12.26 ZAKZAK「スポーツ」より

NPB12球団が地元小学生による軟式ジュニアチームを編成し、
戦う「ジュニアトーナメントENEOS CUP」が
12月26日~28日の3日間、札幌ドームで行われました。
大会は読売ジャイアンツジュニアが初優勝しました。
桐光学園の松井投手に続き甲子園のスターが今後も
出てくれば現在よりも注目度が増すと思います。
このジュニアチームから果たして何人の甲子園球児、
プロ野球選手が誕生することになるか。
■決勝
千葉ロッテJr.
011 010 0 =3
010 103 X =5
読売Jr.
【ロ】 石井、村越、宮澤、大島―石橋
【巨】 針谷、菊地、中野、小野寺―山本
<本> 渡辺1号ソロ(巨、6回)
★主な出場選手
中日Jr.  根尾昴選手
広島Jr.  水津憂哉選手
西武Jr.  星野智那選手
楽天Jr.  鈴木佳祐選手
ヤクルトJr.  倉持健太選手
阪神Jr.  脇田秀樹選手
DeNAJr.  稲玉零選手
ソフトバンクJr.江原雅裕選手
日本ハムJr. 金澤勇士選手
オリックスJr. 碓井雅也選手
ロッテJr.  山本陽太選手
ロッテJr.  石井豪選手
読売Jr.  渡辺健士郎選手
読売Jr.  丸山大賀選手
楽天ジュニア ジュニアトーナメント2010(順平Ver)


2012年度の表彰者(高校生)

日本学生野球協会が2012年(平成24年)度の表彰者を発表しま
した。高校では栃木を除く46の都道府県からそれぞれ
選ばれました。大阪からは春夏連覇した大阪桐蔭の水本弦
外野手、青森からは春夏準優勝・光星学院の田村龍弘捕手が
選ばれました。そのほかに選ばれたのは酒田南・下妻貴寛
捕手、報徳学園の田村伊知郎投手など。また大学では
亜大の東浜巨投手などが選ばれました。
★2012年度の表彰者(高校生)
北海道 生田雄也  旭川工    硬 主将  捕手  右左
青森  田村龍弘  光星学院   硬 主将  捕手  右右
岩手  藤田貴暉  盛岡大附   硬 主将  外野手 右右
秋田  阿部勇星  秋田商    硬 ―   投手  右右
山形  下妻貴寛  酒田南    硬 主将  捕手  右右
宮城  小杉勇太  仙台育英   硬 主将  三塁手 右左
福島  氏家颯俊  聖光学院   硬 主将  三塁手 右右
茨城  杉本智哉  常総学院   硬 主将  捕手  右右
栃木  該当者なし          
群馬  長坂拳弥  健大高崎   硬 主将  捕手  右右
埼玉  明石飛馬  浦和学院   硬 主将  一塁手 右右
山梨  新海亮人  東海大甲府  硬 主将  二塁手 右右
千葉  國廣拓人  木更津総合  硬 主将  捕手  右左
東京  金子凌也  日大三    硬 主将  遊撃手 右左
神奈川 田中頼人  桐光学園   硬 主将  一塁手 右右
長野  宍戸健太  佐久長聖   硬 主将  捕手  右左
新潟  石山健   新潟明訓   硬 主将  二塁手 右右
富山  荒城英治  富山工    硬 主将  一塁手 右右
石川  小林恵大  遊学館    硬 主将  捕手  右左
福井  藤村凌   福井工大福井 硬 主将  遊撃手 右両
静岡  城戸健太郎 常葉橘    硬 主将  捕手  右左
愛知  佐藤大将  愛工大名電  硬 主将  遊撃手 右左
岐阜  大矢将之  中京     軟 主将  二塁手 右右
三重  西川一帆  松阪     硬 主将  外野手 右左
滋賀  藤原隆蒔  近江     硬 副主将 三塁手 右右
京都  久保田昌也 龍谷大平安  硬 主将  一塁手 右左
奈良  中道勝士  智辯学園   硬 主将  捕手  右左
和歌山 福井真元  那賀     硬 ―   投手  右左
大阪  水本弦   大阪桐蔭   硬 主将  外野手 両左
兵庫  田村伊知郎 報徳学園   硬 ―   投手  右左
岡山  藤井勝利  倉敷商    硬 主将  三塁手 右右
鳥取  佐藤晃司  鳥取城北   硬 主将  外野手 右左
広島  木下淑稀  広島工    硬 主将  遊撃手 右右
島根  宇田翔太  立正大淞南  硬 主将  外野手 右右
山口  西野孝太郎 宇部鴻城   硬 主将  捕手  右左
香川  石川良太  香川西    硬 主将  外野手 左左
愛媛  池内将哉  今治西    硬 主将  二塁手 右左
徳島  杉本京太  鳴門     硬 主将  一塁手 右右
高知  合田悟   明徳義塾   硬 主将  外野手 右右
福岡  天野裕樹  福岡大大濠  軟 主将  捕手  右右
佐賀  本村祥次  佐賀北    硬 主将  外野手 右左
長崎  松山和博  佐世保実   硬 主将  二塁手 右左
熊本  西口貴大  済々黌    硬 主将  捕手  右左
大分  甲斐義也  杵築     硬 主将  遊撃手 右右
宮崎  関真希人  宮崎工    硬 主将  投手  右右
鹿児島 弥栄翼   神村学園   硬 主将  投手  右左
沖縄  阿嘉将吾  浦添商    硬 ―   外野手 右右
公益財団法人 日本学生野球協会webサイトより

田村龍弘(光星学院)

下妻貴寛(酒田南)


2012冬選抜チーム遠征―兵庫

兵庫県高野連ホームページより
◇兵庫県高校選抜チーム―台湾遠征
▽兵庫県高校選抜4勝1分

■12月23日
兵庫選抜 320 200 301 =11
高苑工商 100 200 041 =8
【兵】 乾、横田、吉川―松谷

■12月23日
兵庫選抜 000 000 000 =0
三民高中 000 000 000 =0
【兵】 長谷、清瀬、冨嶋、翁田―沖

■12月24日
兵庫選抜 010 010 300 =5
三信家商 000 002 100 =3
【兵】 吉川、翁田、冨嶋、清瀬、長谷、横田
―松谷、沖

■12月26日
兵庫選抜 005 000 010 =6
嘉義高中 000 002 000 =2
【兵】 乾、横田―松谷、沖

■12月26日
兵庫選抜 100 023 101 =8
仁義高中 000 000 000 =0
【兵】 吉川、冨嶋、清瀬、翁田、長谷―沖、松谷
◆平成24年度国際交流事業 台湾遠征メンバー
【投手】 長谷篤  (関西学院)
     乾陽平  (報徳学園)
     翁田勝基 (西脇工)
     冨嶋大樹 (北条)
     清瀬敏也 (福崎)
     横田徹寛 (東洋大姫路)
     吉川綾  (須磨翔風)
【捕手】 松谷竜暉 (報徳学園)
     沖悠真  (神戸国際大付)
     肘井竜蔵 (北条)  
【内野手】宮本拓斗 (神戸国際大付)
     小深田大翔(神戸国際大付)
     御縞勇人 (育英)
     渡邊和哉 (加古川北)
     中川広希 (東洋大姫路)   
【外野手】勝岡静也 (報徳学園)
     福田李成 (北須磨)
     利根川駿弥(姫路工)
主将:松谷竜暉 副主将:宮本拓斗
台湾遠征兵庫県選抜18人発表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。