スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀枠地区代表9校の横顔

21世紀枠の各地区の代表9校の横顔をまとめました。
地区 学校 公私 学校創立 野球部
創部
野球
部員数
甲子園
出場暦
秋季大会
成績
北海道

遠軽

道立 1940年 1947年 56人 なし 地区4強
東北 いわき海星 県立 1934年 1960年 18人 なし 県16強
関東
東京

日立一

県立 1927年 1947年 23人 夏1回 県8強
北信越

五泉

県立 1921年 1963年 28人 なし 県4強
東海

豊川

私立 1928年 1946年 89人 なし 県準優勝
近畿

堀川

市立 1908年 1948年 41人 春1回 県16強
中国

益田翔陽

県立 2006年 2006年 37人 なし 県優勝
四国

土佐

私立 1920年 1947年 30人 春6回
夏4回
県4強
九州

門司学園

県立 2007年 2007年 26人 なし 準優勝
今回は記念大会ということで4校が当選します。選考基準はまず
1:原則として秋季都道府県大会ベスト16以上(参加128校以上はベスト32以上)
であること、
2:次に校内の生徒や他校、地域に良い影響を与えた学校であること、
3:さらに過去の甲子園出場経験がない、もしくは出場から遠ざかっている学校。

このうち、2の基準は9校ほとんどが満たしているので、現時点では差はなし。
1の成績ですが、この数年は21世紀枠の選考は成績も重視する傾向にあったので、
来年は流れを変えて県16強のチームが初めて選ばれるかもしれません。3の過去
の甲子園は四国の土佐がダントツの実績です。
公立が7校、私立は2校。過去私立校が21世紀枠で選ばれたことは1度も
ありません。
今回は4校の当選なので、いままでなかった県16強、私立、新しい学校
のなかから1校は選ばれるのではないかと予想しています。

スポンサーサイト

21世紀枠地区推薦9校が決まる

2013年第85回選抜高校野球大会の21世紀枠地区推薦
9校が決まりました。リンク先は学校ホームページです。
■北海道 (北見)道立 遠軽
■東北   福島県立  いわき海星
■関東東京 茨城県立  日立一
■北信越  新潟県立  五泉
■東海   私立    豊川
■近畿   京都市立  堀川
■中国   島根県立  益田翔陽
■四国   私立    土佐
■九州   福岡県立  門司学園
21世紀枠の地区推薦9校決まる 来春の選抜高校野球
来春の第85回記念選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、
毎日新聞社主催)の21世紀枠について、全国9地区の推薦校が
14日、主催者から発表された。出場校が例年より4校多い今大会
は、21世紀枠も1校増の4校が出場できる。
東北からは東日本大震災で学校が津波被害を受けたいわき海星(福島)
が推薦された。豊川(愛知)と春夏計10回目の甲子園となった
1993年の選抜を最後に出場がない土佐(高知)は私立校の推薦と
なった。
1月25日の選考委員会で東日本(北海道、東北、関東・東京、
北信越、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)から各1校を
選び、さらに地域を限定せず2校を選出する。
後略

朝日新聞デジタル 12月14日(金)17時14分配信より

21世紀枠推薦校一覧

21世紀枠推薦-遠軽(北海道)

<推薦理由> 地域活性化に積極的に関わり、町内施設の
除草作業などに全校生徒が参加。野球未経験者も入部して
くる野球部は、文武両道の校訓のもとで午後7時完全下校
の少ない練習時間の中、重点を絞った練習メニューや始業
前1時間の朝練習など選手個々の創意工夫で効率化を
図っている。

12月14日(金)15時33分毎日新聞webサイトより

北海道遠軽高等学校 Wikipediaより

1940年に創立された北海道立の高校。野球部は甲子園出場
こそありませんが、11年、12年に夏の予選決勝進出するなど、
北北海道の強豪の一角として知られています。21世紀枠で
前年甲子園に出場した女満別に続く北見地区からの推薦です。
クラブ活動は野球部のほか吹奏楽部、ラグビー部も有名。

◆北海道の秋の公式戦成績-秋季北海道大会4強
☆北海道の歴代21世紀枠推薦校
2001年第73回 帯広南商  ○
2002年第74回 鵡川    ◎
2003年第75回 稚内大谷  ○
2004年第76回 函館中部  ○
2005年第77回 札幌藻岩  ○
2006年第78回 釧路江南  ○
2007年第79回 釧路江南  ○
2008年第80回 武修館   ○
2009年第81回 北海学園札幌○
2010年第82回 武修館   ○
2011年第83回 遠軽    ○
2012年第84回 女満別   ◎
※ 21世紀枠選抜大会出場校◎ 地区推薦校○
地区推薦取り消し(辞退)● 県連盟推薦取り消し(辞退)▲
21世紀枠推薦校一覧

21世紀枠推薦46校出そろう

第85回選抜高校野球大会の21世紀枠の各都府県推薦46校が
出そろいました。

<センバツ>21世紀枠 推薦校46校出そろう
第85回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、
朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の「21世紀枠」(4校)
の各都府県推薦校(単独地区扱いになる北海道を除く)46校が26日、
出そろった。今後、東北、関東・東京、北信越、東海、近畿、中国、
四国、九州の各地区で代表校1校に絞り、北海道と合わせた9校が
候補校として来月14日に発表される。
来春で導入13年目を迎える21世紀枠は、記念大会を受けて1校増
の4校となる。さらに「困難な条件の克服など地域の模範となる学校
を選ぶ」という原点に立ち返り、これまで原則として「秋季都道府県
大会の8強(参加128校以上の場合は16強)以上」だった対象校
を、今回から同16強(同32強)に拡大。「推薦校なし」も3年連続
でなかった。
来年1月25日の選考委員会で、21世紀枠は候補校9校を東日本
(北海道、東北、関東・東京、北信越、東海)と西日本(近畿、中国、
四国、九州)に分けて各1校を選出。さらに地域を限定せずにもう
2校を選ぶ。【和田崇】

毎日新聞 11月26日(月)20時18分配信より

21世紀枠推薦校一覧

東北絆枠での選出も有り得るのが、東北大会に出場した石巻商。かつて
甲子園でその名を轟かせたチームが池田、土佐の四国の強豪。甲子園
出場経験はあるがしばらく遠ざかっているのが日立一、平塚学園、
長良、八日市、堀川、一条、玉島商、倉吉東、豊浦、諫早。
甲子園出場はないものの予選上位によく勝ち残っているのが大湊、
大館工、専大松戸、五泉、諏訪清陵、鯖江、豊川、有田工など。また
統合前の門司東時代に出場辞退で選抜出場を逃した門司学園は県準優勝
で55季ぶりの九州大会出場を果たしました。また部の歴史が浅い
ながらも短期間で好成績をおさめたのが和歌山東、大分西。
文武両道、古豪に新鋭、甲子園出場なしの実力校、など今年も多彩
な顔ぶれになりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。