スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013冬選抜チーム遠征―埼玉

冬の選抜チーム遠征の結果です。埼玉県選抜チームはオーストラリアに
遠征しました。メンバーには昨年選抜優勝投手の小島和哉投手(浦和
学院)など。対戦成績は2勝2敗でした。埼玉県高野連WEBサイト参考。

■埼玉県高等学校野球連盟 海外派遣事業
日豪親善高校野球(オーストラリア遠征)
12月25日~12月31日
監督 本多利治(春日部共栄)
背番号 選手名 学年 守備 学校名
1 上條将希 2 投手 市立川越
2 金子大地 2 投手 春日部共栄
3 小島和哉 2 投手 浦和学院
4 森優也   2 投手 熊谷商
5 野瀬一樹 2 投手 聖望学園
6 菊島翼  2 投手 朝霞
7 守屋元気 2 捕手 春日部共栄
8 村田敏彦 2 捕手 本庄第一
9 那須英介 2 捕手 松山
10 堀拓郎   2 捕手 大宮東
11 奈良龍之介2 内野手 市立川越
12 斉藤卓拓 2 内野手 大宮西
13 熊倉巽  2 内野手 浦和学院
14 黒沢康太 2 内野手 本庄東
15 鈴木友也 2 内野手 越ヶ谷
16 山﨑太智 2 内野手 上尾
17 冨岡弥夏 2 外野手 市立川越
18 小林慎太郎2 外野手 春日部共栄
19 細田陸   2 外野手 北本
20 須藤大貴 2 外野手 熊谷
12月27日
埼玉選抜
002 010 030 000=6
200 110 101 001=7
クインズランド選抜
【埼】 小島、菊島、野瀬

12月28日
埼玉選抜
002 001 100=4
000 000 000=0
クインズランド選抜
【埼】 金子

クインズランド選抜
200 010 200=5
100 000 000=1
埼玉選抜
【埼】 森、上條、菊島

12月29日
クインズランド選抜
000 000 300=3
013 310 00X=8
埼玉選抜
【埼】 小島

小島和哉(浦和学院)

金子大地(春日部共栄)

上條将希(市立川越)


スポンサーサイト

2013年高校野球ニュース

2013年の高校野球ニュースをまとめました。作者の主観です。
1.前橋育英、夏の甲子園初出場初優勝
2.花巻東カット打法+サイン盗み疑惑で議論呼ぶ
3.浦和学院全試合圧倒で選抜初優勝
4.桐光松井投手、夏の予選横浜に敗れる
5.済美安楽投手選抜で772球投げる
6.エース不在の延岡学園夏の甲子園準優勝
7.仙台育英・夏の甲子園で選抜王者浦和学院破る
8.新チーム秋の日本一は沖縄尚学
9.県岐阜商、大阪桐蔭の夏春連覇阻む
10.前橋育英、9回2死走者なしから逆転
1位は夏の甲子園で初出場初優勝を成し遂げた前橋育英にしました。
プロも注目する本格派右腕の高橋光成投手を中心とした守りの野球
で全国の頂点に立ちました。高橋投手は現在2年生で、秋は予選で
敗れ選抜出場の可能性がなくなり、最後の夏に賭けます。2位は野球
ファンだけでなく一般の人たちの話題にもなった「カット打法」と
「サイン疑惑」にしました。花巻東・千葉選手の難しいボールも甘い
ボールもファールにできるバットコントロールのうまさには驚きました。
一方、サイン盗み疑惑は、以前から噂されていたチームらしく、かなり
悪質な印象でした。3位は浦和学院の選抜優勝。決勝までの5試合
すべて4点差以上の圧倒的な強さで埼玉県勢45年ぶりの優勝でした。
4位は今年最も注目された選手、桐光学園の左腕・松井裕樹投手が夏
の神奈川県大会で強豪の横浜に敗れた試合。横浜は事前に松井投手の
配球、セットポジションの癖など徹底的に研究し、超高校級投手を撃破
し、甲子園にも出場しました。5位は済美・安楽投手が選抜での772
球の投球。150キロを超える速球で力投し準優勝しましたが、
「肩は消耗品」と考えるアメリカのメディアからは酷評されました。
そのほか、夏の甲子園準優勝の延岡学園、夏の甲子園で選抜優勝の
浦和学院を破った仙台育英、神宮大会決勝大逆転で秋の日本一に輝いた
沖縄尚学、最後は強烈なバックホームアウトで大阪桐蔭の夏春連覇を
阻止した県岐阜商などをあげてみました。

延岡学園ー前橋育英 2013夏の甲子園 決勝戦


掛布DCたまげた 160メートル弾14歳に「清原、松井以上かも」

未来の「ミスタータイガース」は君だ!阪神の掛布雅之GM付育成&
打撃コーディネーター(DC=58)が15日、東京都調布市を中心
に活動する「調布リトルシニア」の練習を視察。昨年8月のリトル
リーグ世界選手権で優勝し、全米にもその名をとどろかせた清宮幸太郎
君(14)にほれ込み、将来の阪神入りを熱望した。
「大人をムキにさせる子供だよ。規格外。(高校時代の)清原、松井
クラス。いや、それ以上かもしれないな」。
同チームのOBと知り合いだったことから、野球用具を寄贈するために
訪問した掛布DCの視線はくぎ付けとなった。シート打撃での2打席目。
完璧に捉えた右翼への打球は、両翼95メートルのはるか上、高さ約
20メートルの防球ネットを越えていった。金属バットとはいえ、推定
飛距離160メートルの打球に、思わず言葉を失った。
父はラグビー元日本代表で、現在はトップリーグ・ヤマハ発動機の監督
を務める克幸氏(46)。1メートル83、100キロの体格はとても
中学2年生とは思えない。同球場ではかつて元キューバ代表の至宝、
キンデランも場外弾を放ったことがあるというが、それにも匹敵する
パワーだ。1打席目には内角球を中前に運ぶ器用さも見せつけ「柔らか
さもある。木(製)でも対応できる。(左)肘が体から離れない」と
絶賛した掛布DCは、1・5キロのマスコットバットをプレゼント。
これには清宮君も「阪神ファンです。(掛布さんは)偉大な人。うれ
しい」と大喜びだった。

後略
スポニチアネックス 12月16日(月)7時1分配信より

清宮幸太郎君は現在早実中の2年で、2017年のドラフトの超目玉になる
と予想されています。高校は早稲田実に進むんでしょうか。
183センチ100キロ右投げ左打ち



海外遠征―埼玉選抜

毎年年末にいくつかの都道府県で行われている選抜チーム海外遠征の
情報を紹介します。
■埼玉県高等学校野球連盟 海外派遣事業
日豪親善高校野球(オーストラリア遠征)

埼玉県選抜チームが平成25年12月25日(水)から31日(火)に
かけてオーストラリア クイーンズランド州ゴールドコーストに
遠征します。メンバーは以下のとおり。
監督 本多利治(春日部共栄)
背番号 選手名 学年 守備 学校名
1 上條将希 2 投手 市立川越
2 金子大地 2 投手 春日部共栄
3 小島和哉 2 投手 浦和学院
4 森優也   2 投手 熊谷商
5 野瀬一樹 2 投手 聖望学園
6 菊島翼  2 投手 朝霞
7 守屋元気 2 捕手 春日部共栄
8 村田敏彦 2 捕手 本庄第一
9 那須英介 2 捕手 松山
10 堀拓郎   2 捕手 大宮東
11 奈良龍之介2 内野手 市立川越
12 斉藤卓拓 2 内野手 大宮西
13 熊倉巽  2 内野手 浦和学院
14 黒沢康太 2 内野手 本庄東
15 鈴木友也 2 内野手 越ヶ谷
16 山﨑太智 2 内野手 上尾
17 冨岡弥夏 2 外野手 市立川越
18 小林慎太郎2 外野手 春日部共栄
19 細田陸   2 外野手 北本
20 須藤大貴 2 外野手 熊谷
埼玉県高野連WEBサイトより
メンバーには今春選抜優勝投手の小島和哉投手(浦和学院)、春季大会
で浦和学院相手に好投した金子大地投手(春日部共栄)、秋の関東大会
出場した上條将希投手(市立川越)などが選ばれました。

小島和哉(浦和学院)

金子大地(春日部共栄)

上條将希(市立川越)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。