スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀枠推薦辞退

広島・賀茂が21世紀枠推薦辞退 一般生徒へのいじめで
日本高野連は16日、今春の第86回選抜高校野球大会の21世紀枠候補
に広島県高野連が推薦した賀茂から推薦辞退の届け出を受け、了承した
と発表した。同校は昨年12月13日に発表された最終候補9校からは
外れている。日本高野連によると、1年生部員6人が一般生徒1人に
対し、悪口を言うなどのいじめをしていたことが昨年12月12日に
判明。同26日に広島県高野連に辞退の届け出があった。

共同通信2014年1月16日18時09分より

21世紀枠推薦辞退は早稲田佐賀に続き2校目です。両校とも地区代表
の9校には入っていませんでした。

▲21世紀枠推薦辞退(取り消し)
2001年第73回
2002年第74回 土浦三(茨城)
2003年第75回
2004年第76回 鳴尾(兵庫)、熊毛南(山口)
2005年第77回
2006年第78回 八重山商工(沖縄)※
2007年第79回 神戸西(兵庫)、大村工(長崎)
2008年第80回 大曲工(秋田)、金沢市工(石川)、貴志川(和歌山)
2009年第81回 名張桔梗丘(三重)、杵島商(佐賀)
2010年第82回 関商工(岐阜)、津名(兵庫)、折尾(福岡)
2011年第83回 八王子(東京)、熊本西(熊本)
2012年第84回
2013年第85回
2014年第86回 早稲田佐賀、賀茂

※ 八重山商工は一般枠で選抜出場

歴代21世紀枠推薦校

スポンサーサイト

21世紀枠推薦辞退

早稲田佐賀、21世紀枠推薦辞退 部員飲酒で来春の高校野球
日本高野連は18日、来春の第86回選抜高校野球大会の21世紀枠
候補に佐賀県高野連が推薦した早稲田佐賀から推薦辞退の届け出を受け、
了承したと発表した。同校は13日に決まった最終候補9校からは外れて
いた。日本高野連によると、3年生部員1人が11月下旬、授業後に
一般生徒と教室で飲酒した。高野連は18日の審議小委員会で、同校を
会長名による注意とした。

共同通信(2013年12月18日18時33分)より

▲過去の21世紀枠推薦辞退(取り消し)
2001年第73回
2002年第74回 土浦三(茨城)
2003年第75回
2004年第76回 鳴尾(兵庫)、熊毛南(山口)
2005年第77回
2006年第78回 八重山商工(沖縄)※
2007年第79回 神戸西(兵庫)、大村工(長崎)
2008年第80回 大曲工(秋田)、金沢市工(石川)、貴志川(和歌山)
2009年第81回 名張桔梗丘(三重)、杵島商(佐賀)
2010年第82回 関商工(岐阜)、津名(兵庫)、折尾(福岡)
2011年第83回 八王子(東京)、熊本西(熊本)
2012年第84回
2013年第85回

※ 八重山商工は一般枠で選抜出場

歴代21世紀枠推薦校

21世紀枠地区推薦9校

2014年第86回選抜高校野球大会の21世紀枠地区推薦
9校が決まりました。リンク先は学校ホームページです。
■北海道 (名寄)道立 天塩
■東北   秋田県立  角館
■関東東京 東京都立  小山台
■北信越  長野県立  長野西
■東海   三重県立  伊勢
■近畿   和歌山県立 海南
■中国   島根県立  大東
■四国   香川県立  坂出
■九州   鹿児島県立 大島
小山台、天塩など9校 来春センバツ21世紀枠候補校を発表
日本高野連は13日、第86回選抜高校野球大会(来年3月21日開幕、
甲子園)の21世紀枠候補9校を発表した。
関東・東京からは都立校としてセンバツ初出場を目指す小山台(東京)、
天塩(北海道)は選出されれば史上最北の甲子園出場校となる。大会に
出場する3校は一般選考と同じ来年1月24日の選考委員会で決まる。
このほか地区別に角館(東北=秋田)長野西(北信越=長野)伊勢
(東海=三重)海南(近畿=和歌山)大東(中国=島根)坂出(四国=
香川)大島(九州=鹿児島)が選ばれた。
各都府県連盟から推薦されていた甲子園優勝経験のある池田(徳島)、
小倉(福岡)や日大(神奈川)、吉田(山梨)、早稲田佐賀(佐賀)、
知念(沖縄)は候補校に残らなかった。21世紀枠は2001年の
第73回大会から導入。秋季都道府県大会で原則ベスト16以上が条件
で、過疎や部員不足といった困難な条件の克服など、戦力以外の特色を
加味して選ぶ。地区ごとに1校が推薦され、第79回大会までは2校、
第80回大会からは3校、記念大会だった第85回大会は4校が選ばれ
ている。出場校は9校から東(東海、北信越以東)と西(近畿以西)で
1校ずつを選び、残り7校から地域を限定せずに1校を選出する。

2013年12月13日 16:20 スポニチアネックスより

21世紀枠推薦校一覧

21世紀枠地区推薦9校のうち8校が秋の地区大会出場校で、地区大会に
出場していない大島も春秋の県大会ベスト4の成績をあげており、実力
もそこそこ重視して選考したようです。9校のうち、一般枠での当選も
ありえるのが海南で、近畿大会初戦敗退ながら甲子園常連の履正社に
1点差負け。一般6校の枠に入るの少し厳しいですが、21世紀枠で
の当選が見えてきました。小山台も東京大会で強豪を次々と破っており、
実力では一般枠レベルに近いと思います。選ばれれば日本最北の甲子園
になる天塩、離島勢の大島は戦力以外の部分で選考に有利になりそう
です。また四国大会準優勝の池田は21世紀枠の候補には残らず、一般
枠での当選が確実です。

21世紀枠推薦-天塩(北海道・名寄)

北海道天塩高等学校 Wikipediaより

1948年北海道立留萌高等学校天塩分校として設立認可され、1950年に
北海道天塩高校定時制が、翌年に通常課程2学級の設立が認可されまし
た。1954年に町立から道立に移管され現在に至ります。野球部は道立に
なった54年に創部されました。甲子園出場経験はなし。1967年夏に北
北海道大会ベスト4の記録があります。今秋、2年ぶり4回目の北海道
大会出場を果たしました。

◆天塩の秋の公式戦成績-秋季北海道大会2回戦
☆北海道の歴代21世紀枠推薦校
2001年第73回 帯広南商  ○
2002年第74回 鵡川    ◎
2003年第75回 稚内大谷  ○
2004年第76回 函館中部  ○
2005年第77回 札幌藻岩  ○
2006年第78回 釧路江南  ○
2007年第79回 釧路江南  ○
2008年第80回 武修館   ○
2009年第81回 北海学園札幌○
2010年第82回 武修館   ○
2011年第83回 遠軽    ○
2012年第84回 女満別   ◎
2013年第85回 遠軽    ◎
※ 21世紀枠選抜大会出場校◎ 地区推薦校○
地区推薦取り消し(辞退)● 県連盟推薦取り消し(辞退)▲

21世紀枠推薦校一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。