スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページを引越しました

infoseek iswebホームページサービス終了にともない、ホームページ
を引越しました。新URLはhttp://koushien.s100.xrea.com/になります。
これを機にホームページの大幅なリニューアルを行います。
スポンサーサイト

ブログ移転

夏の大会が終わったのでブログは

日めくりアマチュア野球
に移転します。

日大三が優勝

第93回全国高校野球選手権大会の決勝は日大三と光星学院との間で行われ
、日大三が11−0で光星学院を降し10年ぶり2度目の夏の甲子園優勝を
果たしました。

▽決勝
光星学院
000000000=0
00301052X=11
日大三
【光】 秋田、李―松本
【日】 吉永―鈴木
本塁打  高山、鈴木(日)

日大三の打線はこの日も爆発しました。3回に3ランホームランで先制する
と、7回にはホームランを含む5安打で5点を追加しダメ押ししました。
守っては無失策。投げては吉永投手が5安打の完封で光星学院を圧倒しました。
力の差はそれほどなかったはずですが、全国の頂点を決めるに相応しい好勝負
にはなりませんでした。
日大三のみなさん。本当におめでとう。強力な打線は他校を寄せ付けぬ圧倒的
なものでした。吉永投手も試合を準々決勝以降は調子をあげ連投の疲れを感じ
させない素晴らしい投球を見せました。光星学院も敗れはしたが、準優勝の
成績は立派。だれもが認めるNO.2の学校だ。


決勝は光星学院VS日大三

▽準決勝
作新学院
000000000=0
20000201X=5
光星学院
【作】 大谷、飯野―山下
【光】 秋田―松本
本塁打  川上(光)

関西
010000030=4
10000085X=14
日大三
【関】 堅田、水原、栗原、陶山、水原―関貴、畑
【日】 斉藤、吉永―鈴木
本塁打  菅沼、高山(日)、渡辺(関)

雨で1時間半の中断となった1試合目は光星学院が着々と加点し快勝しました。
初回に適時打で先制、中盤は打ちあぐねましたが、バッテリーミスなどで
更に追加。8回裏には川上選手が今大会3本目となるホームランでダメ押し
しました。投げてはエースの秋田投手が被安打6の全く危なげない投球で完封。
長い中断後も好投を続けました。敗れた作新学院は下級生主体の若いチーム。
来年以降の活躍も期待されます。2試合目は日大三の打線が後半になって
爆発。関西に大勝しました。日大三は連投の吉永投手が登板を回避。良く似た
タイプの2年生斉藤投手が先発。5回途中を1失点と好投し残りをエースに
託しました。替わった吉永投手はこの日も好投。4回2/3で奪三振10と
三振の山を築きました。日大三の後半の打線の爆発力はすごいの一言。チャンス
を広げ相手ミスにも乗じ集中打でこれまでの接戦から、あっという間に試合を
決定付けました。関西はこの日初登板の堅田投手が制球に苦しみながらも好投
しました。継投の遅れが原因か一気に引き離されると守備に緊張感を欠きました。
攻撃は8回に反撃しただけにもったいないところでした。

明日の試合は東北VS関東の東日本どうしの対決となりました。太田投手の三沢
以来42年ぶりの夏決勝となった青森の光星学院が勝てばチームはもちろん県勢
、東北勢としても初優勝となります。日大三が勝てば近藤投手を擁した2001年
以来の10年ぶりの夏優勝になります。

両校の甲子園での戦績

決勝は午前9時半にプレーボール。
明日は仕事の関係で観戦ができませんが、全国の頂点を決めるに相応しい好勝負
になるのを期待します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。