スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春夏優勝校決戦−2

◆1929年(昭和4年)

この年の第6回選抜大会より、入場式の際の各校先頭に校名を記したプラカード
を加え、試合終了後の校歌吹奏と校旗掲揚を開始しました。また同じくこの年
に甲子園球場にアルプススタンドが新設されました。春の大会を制したのは、
のち国鉄初代監督となる西垣徳雄が投手を務める第一神港商。夏の予選、
レギュラーメンバーが不在となった第一神港商は振るわず初戦敗退を喫しま
した。夏の大会で優勝したのは石本秀一監督が率いる広島商でした。

春夏優勝校決戦は神戸又新日報(五州社)の主催によって行われました。
前回、前々回よりも1ヶ月早い10月6日に甲子園にて。神戸又新日報の
当日の社告には

本社主催
甲子園選抜野球大会優勝戦・・午前十時 神戸一中 和歌山中
その後、首相優勝旗授与式
別に 本日午後二時よりの試合
大阪毎日選抜大会優勝校 神港商
大阪朝日全国大会優勝校 広島商

とあります。春夏優勝校決戦が後に行われていることからトリという解釈も
できますが、新聞記事では特別試合とあるので、どちらかといえばメインは
甲子園選抜野球大会の決勝 神戸一中と和歌山中の対戦であったようです。

とはいえこの春夏優勝決戦に両校ともに母校の全名誉を背負っていると
新聞に書かれているほどで、さぞかし盛り上がったであろうと思います。

■10月6日(阪神甲子園球場)
和歌山中
100 010 000 =2
000 000 000 =0
神戸一中
【和】 山下―島本
【神】 鈴木―石本

■同
広島商
000 000 101 =2
010 000 22X =5
第一神港商
【広】 生田―和田
【第】 西垣―倉

第一神港商と広島商の試合、後半の長打攻勢で第一神港商が突き放して
快勝。春夏優勝校決戦から3年目にしてはじめて春優勝校が夏優勝校を
破りました。

◆1930年(昭和5年)

第7回春の選抜大会を制したのは第一神港商。第一神港商は大会通算54
奪三振を記録した岸本正治投手の活躍などにより選抜史上初の連覇の偉業
を達成しました。夏の予選、主力を欠いた第一神港商は前年と同じく初戦
で早くも姿を消しました。大会を制したのはこちらも前年に続き広島商
でした。昭和4、5年は春は第一神港商、夏は広島商の連覇と2年連続
で同じチームが独占しました。というわけで春夏優勝校対決は前年と同
じく第一神港商と広島商の対決となりました。大毎後援の元(主催は不明)
、全日本中等野球争覇試合の1試合目は10月12日甲子園球場にておこなわれ
ました。この試合では春夏対決の前に前座ともいえる明石中―平安中の
試合が行われています。

■10月12日(阪神甲子園球場):午前
平安中
010 010 000 =2
100 000 03X =4
明石中
【平】 伊藤兄弟―岡村
【明】 楠本―桜井

明石中が逆転勝利で勝ったあとトリの対決が行われました。のち「世紀の
剛腕」といわれる楠本保が下級生ながら早くも登板。強豪の平安中に対し
わずか2失点で勝ち投手になりました。

■10月12日(阪神甲子園球場):午後
広島商
000 120 002 =5
000 101 000 =2
第一神港商
【広】 灰山―土手
【第】 太田、岸本―高島

この試合の観衆なんと4万人。春夏優勝校対決とはいえ、正式な大会
ではないこの対決に、現在の選抜決勝並みの客数を集めるほど、当時
の中等野球の人気、注目は高かったわけです。広商は灰山を先発投手
に、神港商は主戦の岸本が負傷のため左腕の1年生・太田を立て試合
に臨みました。広島商がヒットと相手守備の乱れで勝ち越し最終回に
も失策がらみで2点を加え5−2で第一神港商を破りました。

■10月26日(広島グラウンド)
広島商
010 040 220 =9
000 001 100 =2
第一神港商
【広】 灰山―土手
【第】 岸本、太田―高島

第二ラウンドは広島グラウンドで26日午前10時10分に開始されました。
第一神港商はエースの岸本が先発し雪辱を期しましたが、広島商の
打線につかまりました。広島商は二桁安打に2本塁打で9−2と第一
神港商を圧倒しました。「完全に全国中等学校野球の覇権を掌握した」
と大阪毎日新聞にあります。この春夏優勝校対決は最初から2試合の
予定だったのか、それとも先に2勝した側の勝ちというルールだった
のかは不明です。

◆1931年(昭和6年)

第8回春の選抜大会では日本の野球で初めて背番号が使用されました。
優勝したのは広島商。夏の連覇に続いて春も優勝し、史上初の夏春
連覇を達成するなど、黄金時代を形成しました。夏の予選、広島商
は控えメンバーで早期敗退。甲子園出場はなりませんでした。夏の
大会は初出場の中京商が優勝しました。中京商はこの年から前人未到
の夏3連覇を達成、今度は中京商の時代の幕開けでもありました。
春夏優勝校対決は広島商と中京商の勝負となり、選抜決勝と同じカード
になりました。

■10月25日(阪神甲子園球場)
中京商
002 001 200 =5
000 000 001 =1
広島商
【中】 吉田―桜井
【広】 灰山―土手

この年の中等球界の王座を決定する一戦として人気を呼んだ広商VS
中京の一戦は10月25日甲子園にて行われました。観客は3万人。大勢
の観客を集めたとはいえ、前年より大幅に少ないのは地元のチームで
はなかったからかも知れません。試合は中京商が3回、恒川の2点
本塁打で先取、その後も追加点を加え快勝しました。広島商は打線に
つながりを欠き1点どまり。中京商が先手を取りました。

■10月28日(静岡球場)
中京商
004 001 000 =5
100 010 000 =2
広島商
【中】 鬼頭―桜井
【広】 灰山―土手

2戦目は場所を移し静岡球場にて行われました。中京商は先発は鬼頭。
広島商は前回と同じく灰山。試合の詳細は不明です。5−2で中京商
が広島商を破りこの年の中等球界王者に輝きました。広島商がもし夏
を主力メンバーで戦っていたら夏3連覇はあっただろうか、という話
になったりしますが、春夏対決で中京商に2戦とも完敗していること
を考えると、夏に中京商を倒すのは難しかったかも知れません。

追記2012年10月8日
静岡の読者さんに情報提供いただきました。
10月28日に行われたこの試合ですが、試合を行うと正式に決まった
のがなんと24日。甲子園での第一戦の前日です。つまり、二試合
行うかは最初から決まっていたわけでは無さそうであったという
ことです。試合内容ですが、2つの新聞からまとめてみました。

広島商は灰山、中京商は下級生のサウスポー鬼頭が先発。
一回裏広島商はその中京商鬼頭投手から立ち上がり三連続四球
で無死満塁。そして四番灰山は粘ってレフト右へ先制タイムリー。
しかし、二塁走者の判断が悪く三塁アウト。その後も二死満塁
と攻めるも追加点ならず。これが試合に大きく影響します。

三回表に中京商は後藤三塁ベース上を抜くヒット(民友新聞。
静岡新報は二塁上を抜くになってます)。杉浦がショートゴロ
ファンブルで一二塁とし、大鹿が送って一死二三塁。恒川三振
も櫻井敬遠で二死満塁。続く鈴木が初球を左中間へテキサス
ヒットで二者生還し櫻井も三塁へ。続く村上の時に鈴木が二盗
を決め、村上も四球でまた満塁に。そして吉岡が右中間(民友。
新報は左中間)をライナーで抜き二者生還。中京商4-1広島商と
します。五回裏広島商は濱崎がショートゴロ一塁失に生き(民友。
新報は三塁ファンブル)。久森ショートゴロで走者入れ替わり
竹岡三振。しかし、太田の一塁を抜くライナーをライトが弾いた
間に走者がホームイン。4-2と詰め寄ります。

六回表。中京商は先頭村上が初球を左中間を抜き三塁打。
しかし、吉岡は投ゴロ。鬼頭はバント(セフティースクイズ
気味か?)も、灰山が走者をうまく牽制しながら処理し、二死
三塁に。続く打者は後藤。ノーボールツーストライクと追い
込まれた次の一球で、村上がなんとホームスチール。
キャッチャーがタッチできず、貴重な追加点。これが試合を
決めました。

九回裏広島商は二死から竹岡安打太田四球と続くも、灰山は
セカンドゴロに倒れ試合終了。鬼頭は大抜擢に応え大一番を
完投勝利しました。


・・翌1932年(昭和7年)、文部省が野球統制令を出し、春優勝校の
アメリカ旅行がなくなり、春夏優勝校対決もなくなりました。

スポンサーサイト

甲子園新興チーム挿話

いまや甲子園の常連となった学校も、大会第1回〜第3回あたりから全国大会
に出場しているような学校を除けば、元をたどれば初出場の新興チームとして
新聞、雑誌で紹介されていたことになる。そこでさまざまなチームの甲子園
初出場時の挿話を調べてみた。

春4度、夏6度の甲子園通算10度の優勝を誇る中京大中京(優勝時の校名は
すべて中京商)が初めて夏の甲子園に出場したのは1931年(昭6年)第17回。
創部してまだ数年の新興チームといはいえ、この年の8回大会選抜では準優勝
の成績をおさめており、全国のファンにも既に名前は知られるところだった。
選抜後には各地を転戦すること32試合。これで腕を固め益々力をつけてきた。
第17回の夏の甲子園でも初出場ながら優勝候補の一角に上げられるほど。
とはいえ「ベースランニングの早さは自慢だが、技能は一向に冴えない。評判
は高すぎます。」と若手の山岡嘉次監督はしきりに謙遜する。

・・東海代表の初陣としてはじめて夏の甲子園へ乗り込んだ中京商が大会では
堂々の戦いぶりで優勝した。この年の中京商の優勝は3連覇の1年目であり、
10度の甲子園優勝を誇る同校の最初の優勝。まさに黄金時代の幕開け
を飾る優勝だった。
ブログ記事より
またこの大会では初陣チームの活躍ぶりが目立った。優勝した中京商と準優勝
の嘉義農林いずれも初出場校で、初出場校同士の夏の決勝というのは第1回、
第2回大会に続いて3度目のことになる。

なお中京商の山岡監督は監督だけではなく部長兼任であったという説もある。
山岡嘉次氏はのちの神奈川高野連会長を務めた人物だ。

関連記事
名声を勝ち取る

日本一の輸送能力

プロ野球球団「阪神タイガース」の親会社である阪神電車。阪神電車の歴史は
非常に古い。阪神電気鉄道サイトによれば設立は明治32(1899)年6月12日と、
ある。阪神電車は1905年には早くも大阪〜神戸間の都市間電車(インター
アーバン)の運行を開始させている。なお、日本で初めてインターアーバン
を開業させたのは阪神電車だという。その後1920年に阪急が神戸本線を開業
したことにより乗客獲得競争が激化。阪神はこの阪急神戸本線開業あたりから、
ライバルに負けじと大阪―神戸間多頻度運転を進め、その結果「待たずに乗れる
阪神電車」というキャッチフレーズが知られるようになった。

都市間電車の先駆けということもあり、阪神電車は戦前の頃は日本一といわれる
輸送能力を誇っていた。1937年(昭和12年)選抜甲子園試合中の運行状況
を毎日新聞参考に調べてみた。まず特急は三輌連結で6分おきに13本。普通車
が二輌連結で21本。さらに甲子園開催中の臨時車・大阪甲子園間が四輌連結で
9本。合計43本。車輌にすれば百十七輌ということになる。一輌あたりの収容
人数は約200人なので、特急7800人、普通車8400人、臨時車7200人
で合計2万人を軽く越える人を運ぶことができる、ということになる。甲子園の
試合中は電車がほぼ2分おきに次々と繰り出されることになるから、確かに
「待たずに乗れる」。これは現在の都心並みである。おまけに二輌連結、三輌連結
の車輌が乗客の状況次第でいつでも発車できるようにと待機していたというから、
当時の電車の事情を考えれば驚異的な輸送能力だったといえそうだ。さらに
(廃線となった)阪神国道線甲子園線からも適当に発車されていたという。

このように甲子園の試合中は阪神電車の充実した交通システムにより、そこそこ
離れた場所に住んでいる人でも簡単に観戦に行ける状況だったわけだが、現場
ではどのような連携をとっていたのか。まず球場から直通電話で試合の進行状況
や客足の状況が甲子園信号所に送られ、そこから各駅へ通達されるというシステム
をとっていた。通常は試合が6回ぐらいまで進むと、前記のとおり電車がフル稼働
するようになっていたという。
当時としては画期的な運行システムだったといえるのではないだろうか。

熱狂的な阪神ファンのパワーは時代を先駆けた阪神電車がルーツなのかも
しれない。

統制令前の全国大会2

前回紹介した野球統制令発令以前の全国大会の第二弾。
今回紹介するのは1931年(昭和6年)の8月7日から8月11日にわたって
行われた関西中央新聞主催の第三回選抜中等野球大会。球場はすべて藤井寺
球場。参加校は関西のチームが多数だが、東海以東からも横浜商と松本商が
参加しているので、一応全国規模の大会ということにした。
ところでこの日程は夏の甲子園の期間とちょうどかぶるように思われるかも
知れないが、実際には予選終了と甲子園開幕の合間を縫って開催されている
ので、日程は重複していない。甲子園の開幕は8月13日から。
と、いうわけで甲子園出場を間近に控えたチームのこの大会に出場しているの
でないか、と思ったが、さすがにそれはなかった。参加校の顔ぶれを見ると、
4月の選抜甲子園に出場したチームで、夏の甲子園出場を果たせなかった
チームが多数占める。

▽1回戦―――

関西学院中
000 000 020 =2
110 200 22X =8
北予中

市岡中
200 410 030 =10
210 260 00X =11
愛知商

甲陽中
100 000 003 =4
000 000 000 =0
一宮中

明石中
300 002 200 =7
000 011 000 =2
愛知一中

松本商
200 020 004 =8
400 000 000 =4
大正中

横浜商
000 000 000 =0
100 100 01X =3
京都師範

▽準々決勝――

海草中
601 004 000 =11
010 001 010 =3
坂出商

北予中
000 000 000 =0
000 001 00X =1
京都師範

愛知商
021 010 111 =7
400 003 02X =9
甲陽中

明石中
300 210 000 =6
000 030 000 =3
松本商

▽準決勝―――

京都師範
000 000 100 =1
000 002 00X =2
明石中

甲陽中
002 000 030 =5
100 001 200 =4
海草中

▽決勝――――

甲陽中
0010011000 =3
0000000031 =4
明石中
【甲】川(河?)村、浜辺―藤田
【明】楠本―桜井

・・優勝投手となった明石中の「世紀の剛球投手」楠本保投手はこのとき
3年生。夏の兵庫県大会では準々決勝で優勝した第一神港商に敗れた。
その悔しさを選抜中等野球で”リベンジ”した。この決勝でも二桁の
11奪三振の好投だ。
なお、この関西中央新聞主催の選抜中等野球大会は第三回目であるが、
第一回、二回がいつ行われたのか、また何回まで行われたのかは不明。
調査はかなり骨の折れる作業になりそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。