スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新コーナー

夏の予選前までになんとか
仕上げたいと思って去年の
12月ごろに
高校野球ノーヒットノーラン
というコーナーを作りはじ
めたのですがまだちっとも
先に進んでいません。
せっかく甲子園開催中なの
で一応ここだけで公開して
みます。
これでまた作りかけの
コーナーを公開することに
なりましたが、フリー百科
事典にも書きかけの項目が
多いので、気にすることも
ないかな、と思いました。
夏の予選前までに一通り
終わらせようと思っていまし
たが、この調子だと難しい
ですね。甲子園のノーヒット
ノーランなら高校野球雑誌に
普通に載っていますが、夏の
予選(それも昔)になると
調べるのがかなり大変そう
ですよね。


スポンサーサイト

今日の2試合

準々決勝2試合が行われ
常葉菊川と熊本工がそれ
ぞれ勝って準決勝進出を
決めました。
常葉菊川VS大阪桐蔭の
試合は手に汗握る面白い
試合でした。
それにしても強打の大阪
桐蔭をわずか1失点、しか
も中田選手を3打数無安打
に封じた田中投手は素晴ら
しいの一言です。まさに
有言実行でした。
3打席目まで内のストレー
トだけしか投げませんでし
たからね。そろそろパター
ンを変えないとやばいなと
思いながらみていました
が、それでも押さえ込むの
ですから驚きました。
4打席目の大きなレフトフ
ライがありましたが、田中
投手の気合がボールを押し
戻したように見えました。
今日の前半は仙台育英戦、
今治西戦に比べると制球が
定まっていなかったように
見えましたが、しだいに
調子をあげていきました。
敗れた大阪桐蔭ですが、掲
示板等では安定感のある左
投手は打てないという書き
込みを多く見かけましたが、
結局その予想は的中して
しまいました。
中田投手も好投しましたが、
結構良いあたりの打球を
飛ばされていて、甘いスト
レートを狙われていると
いう印象を受けました。
常葉菊川の各バッターは
本当に思い切りがよかった
ですね。
優勝候補の大阪桐蔭がこの
段階で敗れたのは少し残念
ですが、捕手の岡田選手が
1,3塁のピンチで1塁ラン
ナーを強肩でさした場面や
山口選手のサードゴロファイ
ンプレーなど守備も非常に
よく決して強打だけのチーム
ではありませんでした。また
夏に戻ってきてほしいチーム
です。
熊本工VS室戸
3回の連続押し出しが最後ま
で響いた結果になりましたが、
これも熊本工の機動力の揺さ
ぶりの成果だったのでしょう。
熊本工は今日もまた素晴らし
いバックホーム返球があり、
良い試合の流れだったと
思います。
4回以降緊張感のない展開
でしたが、最後の室戸の粘り
は見事でした。




ベスト8出揃う

今日の試合で広陵、関西、
大垣日大がそれぞれ勝ち、
これでベスト8が出揃い
ました。
明日は2試合です。
大阪桐蔭VS常葉菊川
常葉菊川の左腕・田中投
手は今治西打線に対し
なんと17奪三振完封と
いう快投を見せました。
明日の大阪桐蔭戦でも
中田選手から全打席三振
を奪う、という大胆不敵な
宣言が飛び出したので
この勝負が本当に楽しみ
です。ただ大阪桐蔭は
全打者マークしなければ
ならないような打線です
からチームの勝利のため
には1対1の勝負にこだ
わりすぎるのはよくない
かも知れません。
場面によっては敬遠も
必要でしょう。
一方の大阪桐蔭は
中田投手先発ということ
になりそうです。
となると若干大阪桐蔭が
有利になると予想です。
予想は
大阪桐蔭5−3常葉菊川
2試合目は機動力で相手
守備を錯乱する熊本工と
今大会の台風の目、室戸
の対戦。この試合は点の
取り合いになりそうな
気がします。熊本工はエ
ラーの多さが気になると
ころなので何がなんでも
守りきりたいところです。
だいたい旋風というとベ
スト4あたりまでという
イメージがあるので室戸
が僅差で勝つと予想。
予想は
室戸4−3熊本工(延長)










7日目

今日は熊本工VS千葉経大
付の試合だけを途中から
見ました。
この試合は両校ミス連発で
したが、高校野球の面白さ
を感じる場面が何度もあり
なかなか面白かったです。
まず千葉経大付の9回2死
から粘って同点に追いつい
た場面。その後延長に入り
ピンチでの熊本工の守りも
見事でした。
ヒットになればサヨナラ負
けの場面でファーストゴロ
のベースへのダイビングタ
ッチ、レフト前ヒットの
本塁タッチアウトと素晴ら
しいプレーでした。ところ
でランナー2塁のサヨナラ
のピンチで外野の守備が深
いことをかなり解説の方に
も指摘されていましたが、
あれはどういう意図があっ
たのでしょうか。
また機動力が得意という
チームカラーですが、12回
表の藤村選手の内野安打は
あまりの足の速さに驚き
ました。しかもランナー2塁
からショートゴロで悠々3塁
に進塁したのも見事でした。
千葉経大付は12回にエラー
が続いてしまいましたが、
熊本工の機動力にかき回され
ました。
2試合目では室戸が宇部商を
破りました。前評判はほとん
どのマスコミがC評価にも
かかわらずこの活躍は本当
にすごいですね。今後どこま
で旋風を起こすか楽しみです。
3試合目では帝京が市川に
大差で勝ちましたが、主戦の
大田投手が死球を受け全治2
日のようです。ベスト8以降
帝京のブロックは連戦になる
ので少し心配です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。