スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選抜出場校決定

選抜出場校32校が決まりました。

北海道   1校
北照____ 北海道 10年ぶり3回目
東北    2校
秋田商___ 秋田_ 4年ぶり6回目
盛岡大付__ 岩手_ 7年ぶり2回目
関東・東京 6校
東海大相模_ 神奈川 4年ぶり8回目
花咲徳栄__ 埼玉_ 7年ぶり2回目
東海大望洋_ 千葉_ 初出場
前橋工___ 群馬_ 15年ぶり4回目
帝京____ 東東京 3年ぶり14回目
日大三___ 西東京 8年ぶり17回目
北信越   2校
高岡商___ 富山_ 4年ぶり4回目
敦賀気比__ 福井_ 2年ぶり3回目
東海    3校
大垣日大__ 岐阜_ 3年ぶり2回目
中京大中京_ 愛知_ 3年連続30回目
三重____ 三重_ 15年ぶり10回目
近畿    6校
神戸国際大付 兵庫_ 5年ぶり3回目
大阪桐蔭__ 大阪_ 3年ぶり4回目
立命館宇治_ 京都_ 6年ぶり2回目
神港学園__ 兵庫_ 4年ぶり5回目
天理____ 奈良_ 3年連続20回目
智弁和歌山_ 和歌山 2年ぶり9回目
中国・四国 5校
開星____ 島根_ 2年連続2回目
関西____ 岡山_ 3年ぶり10回目
広陵____ 広島_ 3年ぶり22回目
今治西___ 愛媛_ 4年連続12回目
高知____ 高知_ 3年ぶり15回目
九州    4校
嘉手納___ 沖縄_ 初出場
宮崎工___ 宮崎_ 初出場
興南____ 沖縄_ 2年連続4回目
自由ケ丘__ 福岡_ 初出場
21世紀枠 3校
山形中央__ 山形_ 初出場
向陽____ 和歌山 36年ぶり15回目
川島____ 徳島_ 初出場

前日の予想から外れたのは山形中央の1校のみ(予想は新潟)で、
特に一般枠の選考は波乱もなく順当な結果でした。
ベースボールマガジンの選抜特集号が発売されたら戦力分析を
はじめます。
スポンサーサイト

選抜出場校予想

選抜出場校決定がいよいよ明日となりました。
出場校を報知高校野球1月号参考に予想してみました。

各地区の出場枠は
------------------------------------------------------
【北海道】1校
【東北】2校
【関東・東京】6校
(関東4・東京1)残り1校は両地区の比較
【北信越】2校
【東海】3校
【近畿】6校
【中国・四国】5校
(中国2・四国2)残り1校は両地区の比較
【九州】4校
【21世紀枠】3校
東日本・西日本で各1校。1校は残りの推薦校のなかから選ぶ

------------------------------------------------------
【北海道】
北照
【東北】
秋田商 盛岡大付
【関東・東京】
東海大相模 花咲徳栄 東海大望洋 前橋工 帝京 日大三
【北信越】
高岡商 敦賀気比
【東海】
大垣日大 中京大中京 三重
【近畿】
神戸国際大付 大阪桐蔭 立命館宇治 神港学園 天理 智弁和歌山
【中国・四国】
開星 関西 広陵 今治西 高知
【九州】
嘉手納 宮崎工 自由ケ丘 興南
【21世紀枠】3校
新潟 向陽 川島
・・北海道は1校なので優勝した北照。東北2校は秋の東北大会
決勝が接戦だったこともあり決勝進出の秋田商、盛岡大付。関東の
4校はまず秋の関東大会優勝の東海大相模、準優勝の花咲徳栄、
ベスト4の東海大望洋の3校はほぼ確実。ベスト4でコールド負け
した前橋工が微妙なところだが、地域性と大会中のチーム事情を
考えると当選しそうだ。最後の枠を東京と争う5校目は実力重視
すれば桐蔭学園が一番手とされる。東京は秋の東京大会優勝の
帝京は問題なし。準優勝の東海大菅生は選考前日で推薦辞退
(決勝での点差からすれば当選することはなかっただろうが)
準決勝で帝京と接戦を演じた日大三が2校目候補。関東・東京の
残った6校目の枠は桐蔭学園と日大三の比較となり、このところ
選抜での成績があまりよくない神奈川の桐蔭学園が不利になり、
日大三が当選すると予想。北信越の2校枠は秋の北信越大会決勝
を争った2校、高岡商と敦賀気比で問題なさそうだ。東海は
秋の明治神宮大会で大垣日大が優勝したことで、東海の出場枠が
1プラスで3校。2校は秋の東海大会決勝進出の大垣日大、
中京大中京。残りの1校はベスト4の2校の比較。地域性なら
三重、実力重視でいけば中京といったところだが、県大会1位
の実績から三重が当選すると予想。近畿6校。秋の近畿大会で
優勝した神戸国際大付、準優勝の大阪桐蔭はまず文句なし。ベスト
4進出の2校は両方コールド負けだが、立命館宇治は府大会1位
ということで当選、降雨コールド負けの神港学園も当時のグランド
状況から大差で負けたことは参考外とされ、当選すると予想。
残りの2校はベスト8で負けた学校の中から。まず優勝した
神戸国際大付に善戦した天理が浮上。残った1校は難しいところ。
ベスト8の残りの3校から育英は地域性から除外。残った
福知山成美か智弁和歌山の比較で、地域性により智弁和歌山が
当選すると予想。中国、四国の5校はまずそれぞれの秋の大会の
決勝進出校である、開星、関西、今治西、高知は当確。残りの
1校はまず中国からは広陵、四国からは済美か。両校の比較に
なり、総合力の評価の高い広陵が最後の枠を獲得すると予想。
九州4校は秋の九州大会4強である嘉手納、宮崎工、興南、
自由ケ丘がそのまま当選するという形になりそうだ。選抜史上初の
沖縄県勢2校は確実だ。21世紀枠は新潟、向陽、川島の
3校が当選すると予想。

更新再開

多忙のためしばらく更新が途絶えていましたが、読者の方より貴重な情報
をいただいたり、またいつになったら更新するんだ、というお叱りも
いただきました。というわけでそろそろ復活します。

今回ホームページ内で更新したのは「ノーヒットノーラン」のコーナーで、
静岡の読者さんより情報をいただきました。
徳島と高知の高野連史から両県のノーヒットノーラン情報です。
有名なところでは、高知商の江本孟紀投手、また
城東中の前田祐吉投手の名前があります。

以下の情報は朝日の選手権70年史のデータと食い違いがあったので、
保留にさせていただきました。
<大崎昭夫 城東 1948 夏高知県大会 二回戦 2-0海南>

また、東京都の方より「大学系列の高校」の更新後の充実した資料を
いただきましたので、こちらも早いうちに公開します。

春の選抜出場校の決定も近づいてきたので、出場校予想も報知高校野球
1月号参考にやっていこうと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。