スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜国体―硬式野球1日目

岐阜国体が開幕しました。高校硬式野球は初戦2試合
が行われ、桐光学園、明徳義塾がそれぞれ勝って
準々決勝進出を決めました。

倉敷商
000 000 000 =0
010 000 00X =1
桐光学園
【倉】 藤原、大中、西―道下
【桐】 松井―宇川
本塁打  田中(桐)

東海大甲府
010 010 000 =2 明徳義塾抽選勝ち
000 000 011 =2
明徳義塾
【東】 神原―石井
【明】 福、福永、岸―杉原
本塁打  西岡(明)

<高校野球岐阜国体:桐光学園1-0倉敷商>
◇30日◇1回戦◇岐阜・長良川球場
夏の甲子園で1試合22奪三振の大会新記録を樹立した
桐光学園(神奈川)松井裕樹投手(2年)が、12奪三振
で倉敷商(岡山)を5安打完封した。直球は今秋最速タイ
の146キロをマークしたが、序盤は変化球で打たせて
取る投球。無四球と制球も安定していた。「ベンチに
大好きな3年生がいて、勝ちたい気持ちが強かった。
試合を楽しめた。宇川さんのリードが良かった」と
ニッコリ。3年生とともに戦う最後の大会だけに、1日
でも長く試合をするつもりだ。

2012年9月30日13時35分 ニッカンスポーツコムより

台風の影響で今日の2試合が中止になったことに
より、決勝戦は行わないことが決まりました。決勝進出
2校が両校優勝になります。

スポンサーサイト

高校生プロ野球志望届9月29日

<プロ志望届提出者一覧:高校生>9月28日時点
 ドラフト会議は10月25日(木)に開催。
【北海道】
女満別 二階堂誠治
【青森】
光星学院 田村龍弘
光星学院 北條史也
【岩手】
花巻東 大谷翔平
【山形】
酒田南 下妻貴寛
羽黒 土田拓弥
【福島】
光南 佐藤 勇
【埼玉】
熊谷商 太田丈二
【千葉】
千葉英和 中村 尋
千葉英和 艫居春紀
千葉国際 相内 誠
【東京】
日大鶴ケ丘 大高 光
片倉 金井貴之
二松学舎大付 鈴木誠也
八王子実践 内山 優
【神奈川】
旭丘 小池勘太
立花学園 水戸海人
横浜 田原啓吾
横浜 山内達也
橘学苑  黒木優太
橘学苑  椎名 潤
【長野】
地球環境 大滝勇佑
【新潟】
日本文理 滝沢 匠
【富山】
高岡一 森本龍弥
【愛知】
愛工大名電 佐藤大将
愛工大名電 浜田達郎
【岐阜】
岐阜城北 辻 空
中京 米倉史也
中京 後藤龍輝
【三重】
菰野 辻 東倫
【京都】
西城陽 真砂勇介
京都国際 安田 開
龍谷大平安 髙橋大樹
【奈良】
智弁学園 青山大紀
高取国際 田中靖博
天理 吉村昂祐
【大阪】
島本 村上塁太
汎愛 木元翔一
東大阪大柏原 福山純平
大阪学芸 津門尚吾
此花学院 福田真也
大阪桐蔭 藤浪晋太郎
野崎 和田未乗
【兵庫】
武庫荘総合 箕浦昇吾
伊川谷 川畑祐也
【岡山】
岡山県共生 陳 傑憲
【広島】
広島国際学院 今井金太
広島工  宇佐美塁大
【島根】
石見智翠館 服部健太
益田東 吉元俊介
【山口】
光  田中和椰
【徳島】
小松島 武田直也
【香川】
志度 黒田浩太
尽誠学園 多田羅裕斗
寒川学園 森元種己
大手前高松 藤川 将
多度津  橋口天斗
【愛媛】
今治工 安野翔太
【高知】
高知中央 田川賢吾
梼原 大﨑聡久
【福岡】
福岡工大城東 笠原大芽
飯塚 石田健大
自由ケ丘 武田健吾
福岡第一 楊 家偉
福岡第一 張  奕
折尾愛真 小野泰己
東福岡  森 雄大
【長崎】
佐世保工  西川顕人
佐世保工専 平湯和也
佐世保工専 宮田康平
【熊本】
九州学院 大塚尚仁
九州学院 溝脇隼人
【沖縄】
浦添工 手登根祥
久米島 安村太樹

2012年9月28日17時31分 ニッカンスポーツコムより

聖光学院の石井成投手がノーヒットノーラン

<秋季高校野球福島県大会:聖光学院4-0光南>
◇24日◇準決勝◇いわきグリーンスタジアム
聖光学院の1年生左腕エース石井成(なる)投手が、
公式戦3試合目の登板で9回ノーヒットノーランを達成
した。秋の県大会での無安打無得点試合は1975年
(昭50)の学法石川・鈴木伸弘投手以来37年ぶり。
石井は直球の最速は126キロながら、変化球を低めに
投げ分けて9奪三振。打者29人に対し、許した走者は
2死球と味方の失策による3人だけだった。激しい雨が
降る中で快投した16歳は「(記録は)試合後に言われて
知った。水たまりも問題なかった」と初々しい笑顔を見せた。

2012年9月24日20時30分 ニッカンスポーツコムより


史上初の7連覇を狙う聖光学院のエースナンバーを背負う
1年生左腕で、球は速くありませんがコーナーワークと
気迫で打たせて取るタイプのようです。カットボール、
スクリューなどの変化球を持っています。

啓新が福工大福井破り初の4強

今日も全国各地で選抜へ向けた秋の大会が行われました。
福井では創部わずか1年目の啓新が今夏甲子園出場の
福井工大福井を降しベスト4進出を決めました。啓新高校
は野球部の創部に伴い大八木治氏を監督として招聘。大八木
監督は東海大甲府(山梨)の監督として春夏通算11回の
甲子園出場を果たした人物。私立であること、有名監督が
いることから県内だけでなく関西を中心に有力選手が多く
集まり、今後福井の新勢力として活躍すると見られます。

第129回(秋季)北信越地区高校野球県大会(福井新聞社後援)
第6日は23日、福井市の県営球場と敦賀市総合運動公園
野球場で準々決勝4試合を行い、ベスト4が決まった。創部
1年目の啓新が福井工大福井を破り初の県大会4強を決めた
ほか、春江工がシード北陸を下し勝ち進んだ。
敦賀総合の第1試合で、メンバー全員が1年生の啓新は、
夏の甲子園出場の福井に対し八回に4点を奪い4―0で
完封勝ち。第2試合は敦賀気比が三国に15―0で六回
コールド勝ちした。気比は3戦連続のコールド勝ちとなった。
県営では第1試合で春江工が北陸に八回に勝ち越し、
3―1で競り勝った。春江工の県大会4強は秋が
1981年以来31年ぶりで、春を含めても1985
年以来3度目。第2試合は福井商が鯖江を終盤に突き放し
6―0で勝った。
第7日は29日、県営球場で準決勝2試合が行われ、
第1試合で春江工と啓新、第2試合で気比と福井商が戦う。
大会の上位3チームは北信越大会(10月・新潟県)の
出場権を得る。

福井新聞ONLINE 9月23日(日)21時3分配信より

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。