スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013春季東北大会

第60回春季東北大会の組み合わせが決まりました。山形県開催、会場
は荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた 、天童市スポーツセンター
野球場です。6月6日(木)開幕、10日(月)に決勝が行われる予定
です。選手宣誓は羽黒の主将・川上和希君。選抜8強の福島1位の聖光
学院は秋田2位の本荘と、同じく選抜8強の宮城1位、仙台育英は秋田
3位の秋田中央と対戦します。
__能代松陽(秋1)───────┐
______────7天09:00├─┐
___盛岡四(岩3)─────┐
___───────6県10:30├─┘
___仙台三(宮3)─────┘───
______──────8県10:00├─┐
___福島東(福2)───────┐
______────7天11:30├─┘
____利府(宮2)───────┘───
______────────9県10:00├─┐
__盛岡大付(岩1)───────┐───
______────6県13:00├─┐
___小高工(福3)───────┘
______──────8県12:30├─┘
__九里学園(山2)───────┐───
______────6天13:30├─┘───
__青森山田(青1)───────┘─────
_______────────10県10:00├─
____羽黒(山1)───────┐─────
______────7天14:00├─┐───│ 
_八戸工大一(青2)───────┘───
______──────8天10:00├─┐
____本荘(秋2)───────┐
______────7県09:00├─┘
__聖光学院(福1)───────┘───
______────────9県12:30├─┘
__仙台育英(宮1)───────┐───
______────7県11:30├─┐
__秋田中央(秋3)───────┘
______──────8天12:30├─┘
___八戸工(青3)─────┐───
___───────6天11:00├─┐
___酒田南(山3)─────┘
______────7県14:00├─┘
__専大北上(岩2)───────┘
使用球場 県:荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた
____ 天:天童市スポーツセンター野球場

東北大会(春季)の歴代優勝校

スポンサーサイト

高校野球・桐蔭学園の土屋監督が今夏限りで退任へ

高校野球で桐蔭学園(神奈川)を率いる土屋恵三郎監督(59)が28日、
今夏限りの退任を明らかにした。1971年に同校の選手として全国高校
選手権で初出場初優勝を果たし、82年の監督就任後は春夏計10回、
甲子園に導いた。教え子に高橋由伸(巨人)、平野恵一(オリックス)
らがいる。後任として桐蔭学園中学の大川和正監督(51)が就任する。

朝日新聞デジタル 5月30日(木)15時28分配信より

土屋恵三郎監督は1971年、桐蔭学園の主将として甲子園初出場初優勝
を成し遂げました。法政大学では江川卓投手とバッテリーを組み、日米大学
野球日本代表に選ばれるなど活躍、その後三菱自動車川崎を経て82年秋
に母校の桐蔭学園の監督に就任しました。この年82年の夏、チームは予選
初戦コールド負けを喫しましたが、土屋監督就任後、早速秋季関東大会で
優勝し、翌83年に選抜出場を果たしました。監督就任後、激戦区神奈川
で計10回甲子園出場を果たすなど高校野球名監督の一人として知られて
います。

土屋恵三郎Wikipediaより

高橋由伸 1992年夏を振り返る

1997年神奈川決勝 桐蔭学園vs横浜商 19/19


春季大会5月30日の結果

春季大会5月30日の結果です。北海道大会は準々決勝3試合が行われ、
札幌日大、駒大岩見沢、北照が勝って準決勝進出。明日の準決勝のカード
は駒大苫小牧-札幌日大、駒大岩見沢-北照になりました。

★北海道大会
▽準々決勝
釧路湖陵000 000 000=0
札幌日大001 200 00X=3
【釧】 千葉、石谷―本間
【札】 宮崎―東海林

北見北斗_200 400 000=6
駒大岩見沢012 000 13X=7
【北】 細川悠、宮川―佐久間
【駒】 松本、山本、竹原―新谷

北照___200 000 100=3
函館大柏陵000 000 000=0
【北】 斎藤、大串―小畑
【函】 金田、石黒―瀬渕

北照は今春、小樽地区予選から計5戦33イニング無失点を継続中。
北照・背番号18の2年生左腕・斎藤綱記投手


沖縄県招待高校野球

沖縄県招待高校野球が25、26日に行われました。招待されたのは
選抜出場の強豪・広島の広陵です。対する沖縄のチームは春季沖縄県大会
優勝の北山、準優勝の真和志、3位の八重山、選抜出場の沖縄尚学の
4校です。

★高校野球第42回招待試合(沖縄セルラースタジアム那覇)
▽5月25日(土)
広陵_1-1北山__(北山・先発平良拳太郎が7回1失点、7奪三振)
広陵_1-0沖縄尚学(広陵のエース下石涼太が5安打完封勝利)
▽5月26日(日)
真和志3-2広陵__(真和志・エース譜久村誠悟が7回2/3で2失点)
広陵_4-3八重山_(八重山は8、9回で粘り1点差に迫る)

広陵と沖縄の春季大会上位チームはほぼ互角の結果になりました。今年も
沖縄には好投手が多数いるみたいです。

春季沖縄県大会を制した北山の平良拳太郎投手。長身、サイドからMAX144
キロの速球とキレのある変化球
平良拳太郎(北山)①


広陵打線を7回2/3で2失点に抑えた譜久村投手
テイクバックで左手を大きく伸ばし担ぎ気味に投げる特徴的なフォーム
譜久村誠悟(真和志)①


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。