スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選抜高校野球大会-準々決勝

31日は準々決勝4試合が行われました。1試合目は履正社が序盤に
リードを広げて試合の主導権を握り、投げては溝田、永谷の2投手の
継投で2失点、福知山成美との近畿対決を制しました。2試合目も
同じような試合展開で、豊川が初回の速攻でいきなり3点を奪い序盤で
リードを広げ試合を優位に進め、優勝候補の沖縄尚学に快勝しました。
エース・田中は低めをていねいに突き9安打完投。3試合目は佐野日大
がサヨナラのピンチを好守備で切り抜け明徳義塾との延長戦を制しました。
4試合目は龍谷大平安が序盤に4点のリードを許すもじわじわと追いつき
延長10回、サヨナラ勝ちをおさめました。桐生第一・山田は前々日・
前日に続く登板で力投しましたが、最後は暴投で力尽きました。

□1試合目
福知山成美 000 000 020=2
履正社__ 140 001 00X=6
【福】 石原、足立―佐野
【履】 溝田、永谷―八田
【戦評】
投打のかみ合った履正社が快勝。一回一死二塁から吉田の三塁打で先制。
二回は二死満塁から吉田が走者一掃の三塁打を放つなど5長短打を集め
4点を奪った。溝田は要所を締め八回途中まで2失点。救援した永谷は
無安打に抑えた。福知山成美は石原が甘い球を痛打された。打線も3併殺
で好機を逃し、八回に2点を返すにとどまった。

SANSPO.COMより

□2試合目
豊川__ 321 000 000=6
沖縄尚学 000 100 010=2
【豊】 田中―氷見
【沖】 山城、久保―伊良部
【戦評】
豊川が序盤の猛攻で主導権を握った。一回一死三塁から氷見、高桑、
伊藤の3連打で3点を先行すると、二回は氷見の適時打などで2点、
三回にも山田の二塁打で畳み掛けた。田中は直球と変化球を低めに
集めて2失点で完投。守備も乱れて失点を重ねた沖縄尚学は四回に
上原康の適時打、八回は2二塁打で反撃したが、九回の好機は逃した。

SANSPO.COMより

□3試合目
佐野日大 112 000 100 02=7
明徳義塾 100 004 000 00=5
【佐】 田嶋―佐川
【明】 岸―水野
【戦評】
佐野日大は延長十一回二死満塁で、七回に同点犠飛の4番稲葉が詰まり
ながらも遊撃に内野安打して勝ち越し。続く小泉の左前打で2点差と
した。十回一死満塁の守備では二遊間の当たりを遊撃手の竹村が好捕
し、併殺で切り抜けた。明徳義塾は六回に5連打などで4点を挙げ、
一度は逆転した。七回と十一回は敬遠策が功を奏さなかった。

SANSPO.COMより

□4試合目
桐生第一_ 040 000 000 0=4
龍谷大平安 011 000 200 1=5
【桐】 東宮、糸井、高野、山田―小野田
【龍】 元氏、中田、高橋奎―高橋佑
【戦評】
龍谷大平安が徐々に追い上げ、延長戦をサヨナラ暴投で制した。4-4
で迎えた十回、河合の投手強襲安打を足場に2四球などで一死満塁とし、
山田のこの回2個目の暴投で河合が本塁を陥れた。桐生第一は二回、
3長短打に失策も絡んで4点を先制したが、その後は無得点。3日連投
の山田が七回に同点とされ、最後に力尽きた。

SANSPO.COMより

これでベスト4が出そろいました。3年ぶり4強入りの履正社、初
出場から優勝候補を次々倒して勢いに乗る豊川、大会NO.1投手の
左腕・田嶋がいる佐野日大、サヨナラで40年ぶりの選抜4強を果た
した龍谷大平安の顔ぶれになりました。打撃力があり、安定した2投手
を擁する履正社が一歩リードか。

スポンサーサイト

選抜高校野球大会-9日目

前日の延長15回引き分け再試合が行われ、桐生第一がエース山田の
完封で広島新庄を降しベスト8進出を決めました。

広島新庄 000 000 000=0
桐生第一 100 000 30X=4
【広】 山岡―田中啓
【桐】 山田―小野田
【戦評】
桐生第一が再試合を制した。連投の山田がテンポよく丁寧にコースを突く
投球で3安打完封。野手が再三の好守でもり立てた。打線は一回に柳谷
が先制打を放ち、七回は無死満塁から吉田、柳谷の適時打、山田の犠飛
で3点を挙げて突き放した。新庄は四回二死一、三塁の好機を逃すなど
先発の山岡を援護できず、2失策がともに失点につながった。

SANSPO.COMより

桐生第一2年 山田 知輝


春季大会2014-愛媛県

◆春季愛媛県大会組み合わせ↓
愛媛県高校野球連盟ホームページ
◎平成26年度春季四国地区高等学校野球大会 県大会 組合せ表 

平成26年度春季愛媛県大会の組み合わせです。3月30日(日)開幕、
4月3日(木)に決勝が行われる予定です。東予代表6校、中予代表6校
、南予代表4校の計16校が参加します。会場は坊っちゃんスタジアム
など。優勝校は12日(土)に選抜出場の今治西と県順位決定戦を行い
ます。県1位2位校は高知で開催される四国大会に出場します。

■春季大会愛媛県大会成績

選抜高校野球大会-8日目

1試合目は明徳義塾が関東一に逆転勝ちしました。エース・岸は初戦
15回の力投に続きこの試合でもキレのある速球と低めの変化球で11
奪三振2失点の完投。2試合目は広島新庄・山岡、桐生第一・山田両投手
の好投、また打線も両チーム振るわず延長15回の引き分けになりました。
3試合目は龍谷大平安が初回に連続四球、連打、ダブルスチールなど
で一挙5点を奪って主導権を握り八戸学院光星に快勝しました。

□1試合目
関東一_ 010 100 000=2
明徳義塾 001 020 00X=3
【関】 阿部、羽毛田―池田
【明】 岸―水野
【戦評】
明徳義塾は1-2の五回一死無走者から3長短打に2四球を絡め、2点
を奪って逆転した。岸は15回を投げ抜いた初戦に続き、粘り強い投球
で完投。沈む変化球などを駆使し、11三振を奪った。関東第一はコース
を丁寧に突いていた左腕阿部が五回に制球を乱した。打線は下位が奮起
したが、3、4番が計6三振と振るわなかった。

SANSPO.COMより

□2試合目
桐生第一 000 000 010 000 000=1
広島新庄 010 000 000 000 000=1
【桐】 山田―小野田
【広】 山岡―田中啓
【戦評】
新庄・山岡、桐生第一・山田の両投手とも譲らず、打線も決め手を欠き
再試合となった。桐生第一は八回に柳谷の適時打で追いついた。しかし、
その後は走者を出してもけん制で刺されるなどミスもあり、勝ち越し機
を逃した。新庄は十一回に安打と敵失などで一死満塁の絶好機を迎えた
が、併殺を喫し生かすことができなかった。

SANSPO.COMより

□3試合目
八戸学院光星 011 000 000=2
龍谷大平安_ 500 010 11X=8
【八】 佐藤、中川、呉屋、小川―千葉、馬場
【龍】 高橋奎、中田―高橋佑
【戦評】
龍谷大平安は一回に5点を挙げ、主導権を握った。二死無走者から連続
四球の後、中口の投手強襲安打で先制。さらに重盗、連打と畳み掛ける
そつのなさを見せた。左腕高橋奎は鋭い腕の振りから繰り出す直球と、
曲がりの大きい変化球で九回途中まで6安打に抑えた。八戸学院光星は
先発佐藤が制球不足。攻撃も四回以降は三塁が踏めなかった。

SANSPO.COMより

広島新庄 山岡就也投手『13奪三振!!』(東海大三戦・第86回選抜)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。