スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7日目

7日目

◆加古川北2−0波佐見
初出場の県立校同士の対決は加古川北が制した。先発・井上は初戦
に続き緩急をつけた打たせて取るピッチングが光った。波佐見打線
を5安打に封じて2試合連続の完封勝ち。打線は8回、1死三塁から
打者が振り始めたら、瞬時にスタートする「ギャンブルスタート」
の秘策が成功し、二ゴロで前進守備を潜り抜け貴重な追加点をあげた。
加古川北はこの2試合、イチかバチかの走る野球が際立っている。
◆日大三3−1静清
日大三が逆転に成功し粘る静清を振り切った。エース・吉永は初回
に先制点を奪われたものの、以降は直球も走り、要所ではシンカー
を多投して静清打線を1点に抑えた。静清のエース・野村も強力打線
相手に力負けすることなく粘りのピッチングを見せた。先頭打者の
四死球をきっちり得点にする日大三の勝負強さが一歩上だった。
◆智弁和歌山3−2光星学院
僅差の締まったゲームは智弁和歌山が競り勝った。光星学院・秋田
、智弁和歌山・青木の両投手の好投のなか、終盤の8回に智弁和歌山
は道端の二塁打で勝ち越し逃げ切った。前半はチャンスが少なかった
が、後半にしっかり甘い球を逃さず得点に結びつけた。光星学院は
勝ち越し突き放すチャンスもあったが詰めが甘かった。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック

もし、わずか3ヶ月で球速が10km/h以上ものびたら・・・
人一倍、トレーニング量はこなしているのに、球速が伸びない…あなたは、どうすればより速い球を投げられると思いますか?ピッチャーとしての理想的な身体を作る方法をぜひご覧下さい。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。